名和建装

名和建装

愛知県の建築・リフォーム・外壁工事・内装工事、店舗設計および施工のことなら名和建装

塗装

塗り替えの時期・目安は?

建物に塗られている塗装の寿命は永久に続くものではありません。
手でこすると、手に色がつく現象(チョーキング現象)や外壁のヒビ割れ・塗装の剥離など 塗替えに適当な時期を逃すと、塗装が痛む前の適当な時期に再塗装することは塗装を長持ちさせることだけでなく、建物そのものの寿命を延ばすことにつながります。

こんな症状があったら塗り替えのサイン!

塗料は、主に素地を保護するためと、外観の美観を保つために使われる商品であるため、これらの現象が発生するようであれば、塗り替えを行うことをおすすめします。

塗料の種類
種類 特徴 期待耐用年数
アクリル樹脂 耐用年数が低く、外壁で使われることは現在ではほとんどありません。
安価。速乾性○、耐汚染性○、耐溶剤性△
2〜5年
ウレタン樹脂 アクリル樹脂よりも防水性や耐久性が高く、広く普及しています。付着性が良く塗膜が柔らかく仕上がるため、細部の塗装に適しています。
比較的安価。付着性○、作業性△
5〜8年
シリコン樹脂 紫外線や湿気、汚れに強く優れた耐久性を持ちます。塗り替え用塗料として標準的なグレードになりつつあります。
価格は高めですが、耐用年数的にコストパフォーマンスが良いです。
耐候性○、耐熱性○、耐油性△
7〜13年
ラジカル制御型 樹脂の劣化原因であるラジカルが樹脂を攻撃しないように閉じ込める性質があります。水になじみやすい性質が汚れを洗い流せるため、長い間美しい艶を保つことができます。
シリコン樹脂と同等の価格帯で、耐候性がシリコン樹脂より良いとされています。
耐候性◎、作業性○、実績△
10年程度(低実績)
フッ素樹脂 優れた耐候性を持ち、低汚染性、耐薬品性、塗膜強度も高く、様々な面で他の樹脂に勝っている樹脂です。
耐候性を重視する都市部のビルなどで使われるケースが多いです。
耐候性☆、耐薬品性○、高温硬化性△
10〜15年

名和建装のサービス

最新情報はこちら

お問い合わせはこちら
ページのトップへ戻る